次回のプログラム

テーマ

メンタルヘルス

目的

若手保健師が産業保健師としての視点を身につけ、日々の業務に生かすことができるよう機会提供をおこなう

目標

①産業保健師としての視点を持つことができる
②産業保健師の視点を現場での活動に取り入れることができる
③「困った」ことを相談できる仲間づくりができる
④「困った」ことを相談できる環境や社会資源を見つけることができる

開催日時

2018年10月23日(火)18:30~20:30

会場

都内会議室予定
※決まり次第お知らせします。

参加費

無料

対象と募集人数

34歳以下で産業保健経験7年未満の保健師、50名以内

アドバイザー

村田陽子 氏(ビーイングサポート・マナ 代表、保健師)
亀ヶ谷律子 氏(HSプランニング 代表、保健師)

内容

参加者同士でテーマに沿って話し合うグループワークが中心です。

参加申込

Webにて申し込み
※決まり次第お知らせします

問合せ

事務局:保健指導リソースガイド編集部(株式会社 創新社)
東京都港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル

問合せフォーム ▶

提供:ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社

昨年度の開催レポート

【キックオフカンファレンスレポート】若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート(2017/6/7)  ▶
【産保PC第1回レポート】産業保健師のキャリアとして必要なものとは?(2017/7/7)  ▶
【産保PC第2回レポート】「保健指導の基本姿勢」 保健指導を受ける立場になり対象者に寄り添える産業保健師に(2017/9/13)  ▶
【産保PC第3回レポート】「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得(2017/11/30)  ▶
【産保PC第4回レポート】「「職場巡視」 現場で一緒に考えられる”味方、サポーター”になることを目指して~「産業保健師が行う職場巡視」について話し合い~(2018/2/20)  ▶