肥満より怖い「サルコペニア肥満」 食事と運動で筋肉低下を予防

若い人にもサルコペニア予備群が  サルコペニアとは、加齢や運動不足などの影響で、筋肉が急激に減ってしまう状態。「サルコ」は筋肉、「ペニア」は減少という意味だ。運動不足で筋肉を使わないでいると、筋肉は衰えて細くなっていくだ […]

低所得が糖尿病リスクに 1.2〜1.4倍の格差 ストレスや就労困難が原因か?

1万人を調査 JAGESプロジェクト  研究は、高齢者の予防政策の科学的な基盤づくりを目的とした研究プロジェクト「JAGES(日本老年学的評価研究)」の一環として行われた。プロジェクトは、約30万人の高齢者を対象に行われ […]

「食物繊維」が糖尿病や心臓病のリスクを減らす インフルエンザの予防にも有用

食物繊維が脳卒中リスクを22%減少 心疾患による死亡のリスクは30%減少  食物繊維の多い野菜などや全粒穀物を多く食べている人は、まったく食べない人に比べ、2型糖尿病や心臓病、脳卒中がんなどの慢性疾患の発症リスクが低下す […]

健保組合加入者の37%が肥満 健診検査値で「リスクなし」は19% 健保連

健保組合加入者の37%が肥満、建設業では44%超  健康保険組合連合会(健保連)は、2016年度の「業態別にみた被保険者の健康状態に関する調査分析」を公表した。特定健診データでは335万704人(416組合)、レセプトデ […]

大人のがん教育への活用も。がん医療の現状とサバイバーの今をていねいに描くドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」を鑑賞して

15人の医療従事者・経験者と対話するドキュメンタリー  2月2日の東京・新宿のK’s cinemaを皮切りに全国ロードショーが始まったドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」。乳がん検診で腫瘤が発 […]

働きやすく生産性の高い企業・職場を表彰―最優秀賞に3社を決定

 表彰事業は平成28年度から行われており、企業における生産性向上と雇用管理改善(魅力ある職場づくり)の両立を促進するのが目的。  今回は全国45の企業・職場から応募があった。審査の結果、最優秀賞3社のほか、優秀賞(職業安 […]

2月2日より公開、がんの知識を一から学ぶドキュメンタリー映画『がんになる前に知っておくこと』

実体験に基づき”必要な情報”を集約した映画を製作  プロデューサーを務める上原拓治さんは、4年前に義妹をがんで亡くした経験がある。そのとき初めて、がんについて何も知らなかった自分に気づき、いろいろ […]

「宿泊型健康指導プログラム」は効果的 特定保健指導の要支援者の体重・腹囲・コレステロールが改善

特定保健指導の「積極的支援」「動機付け支援」該当者が対象  サンスターグループでは、1985年より社内福利厚生施設「サンスター心身健康道場」(大阪府高槻市)で、社員に宿泊型健康指導を開始。2007年からは定期健康診断で特 […]

座ったままの時間を減らして運動を 運動がアンチエイジングの最良の手段に

「座る代わりに運動」で死亡リスクが低減  座ったままの姿勢で、体を長時間動かさないでいることは、体にとって大きなダメージになる。座ったままの時間は健康上のリスクになる。  WHO(世界保健機関)によると、運動不足は死亡リ […]

糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省

糖尿病腎症は自覚症状がないまま進展する  厚生労働省の「2018年国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる者」の割合は男性18.1%、女性10.5%。そのうち薬で治療をしている人は、男性56.2%、女性51. […]