保健指導をオンラインで支援 金沢大学がIoT活用で新たな保健指導サービス

糖尿病や高血圧、脂質異常症の重症化予防  金沢大学国際基幹教育院GS教育系の米田隆教授、ウィット、芳珠記念病院、北陸中央病院、北陸先端科学技術大学院大学は、「生活習慣病に対するオンライン保健指導サービスの構築と行動変容へ […]

骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明

骨から分泌されるオステオカルシンは「若返り物質」  骨には、運動などの負荷をかけると強くなり、逆に負荷をかけないと弱くなるという性質がある。骨を丈夫にするために効果的な運動は、衝撃や負荷の大きい運動だ。  逆に、寝たきり […]

「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用

体内時計がストレス反応に影響  人の体に備わっている体内時計は、行動と生理機能を時間的に統合する働きをしている。体内時計が乱れると心身にさまざまな不調が生じ、うつ病や気分障害、2型糖尿病、高血圧といった内分泌・循環器疾患 […]

「健康寿命をのばそう!アワード」最優秀賞決定~生活習慣病予防分野~

 「生活習慣病予防分野」の表彰は国民の生活習慣を改善し、健康寿命をのばすための運動「スマートライフ・プロジェクト」の一環として実施。従業員や職員・住民への生活習慣病予防の啓発、健康増進のための優れた取り組みについて評価を […]

高カロリー飲料やお菓子はなぜ危ないか メタボや糖尿病の原因糖質が判明

フルクトースが糖尿病や肥満の犯人?  清涼飲料や菓子類などに含まれる「果糖(フルクトース)」が、食品のカロリーを高めるだけでなく、2型糖尿病や心血管疾患の発症リスクも高めているという研究が、医学誌「British Med […]

野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維が含まれる  野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれている。厚生労働省が提唱する「健康21」(第二次)では、1日に350g以上をとることが勧められている。しかし、厚労省 […]

スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

「楽しくスポーツ」で女性の活躍を促進  スポーツ庁は、スポーツを通じた女性の活躍を促進するため、「女性スポーツの促進方策」のとりまとめた。  スポーツ庁は、2017年に「スポーツを通じた女性の活躍促進会議」(座長:山口香 […]

今夏の熱中症による救急搬送人員は95,000人、昨年度に比べて大幅増加

 平成30年は東日本と西日本は記録的な高温となったこともあり、熱中症による救急搬送人員数、死亡者数は前年に比べて大幅に増加した。 出典:総務省消防庁「平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況」  月ごとの集計 […]

厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行

 イクメン企業アワード2018では、男性従業員の仕事と育児の両立支援に取り組む企業・団体を表彰する「両立支援部門」に加え、男性が家事や育児に積極的・日常的に参画するのを促す企業や団体の対外的な活動を表彰する「理解促進部門 […]