腎臓への負担は糖尿病予備群の段階ではじまっている

腎臓への負担は糖尿病予備群の段階ではじまっている  腎臓への負担は、糖尿病と診断されるほどではないが血糖値が高くなる糖代謝異常と肥満のある「糖尿病予備群」の段階から始まっていることを、大阪市立大学の研究グループが明らかに […]

「うつ病対策」が職場のメンタルヘルスを向上させる 日本の対策は最下位

話すのは良いこと! うつ病からの開放が職場の生産性を上げる  日本を含む15ヵ国の1万6,018人を対象とした横断調査で、「うつ病の労働者が仕事を休む頻度を減らすために、上司の理解と支援が必要」であることが明らかになった […]

肥満でなくても「高コレステロール」に注意 日本人を30年調査 滋賀医大

日本人を1980~2010年に10年ごとに調査  「NIPPON DATA」(ニッポンデータ)研究は、国が実施した全国調査である「循環器疾患基礎調査」(現在は国民健康・栄養調査に統合されている)の対象者を長期にわたり追跡 […]

厚労省 長時間労働が疑われる事業場の監督指導結果を公表

 監督指導の対象となったのは、各種情報により、時間外・休日労働数が1カ月あたり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重労働で過労死等に係る労災請求が行われた事業場。今回公表された監督指導は平成29年4 […]

「データヘルス改革」第2期の工程表を公表 2020年度に本格稼働 厚労省

データヘルス改革でビッグデータを連結  データヘルス改革の基盤となるのは、「被保険者番号の個人単位化」と「オンライン資格確認システムの導入」。ビッグデータを連結し、保健医療記録を共有の際のIDとして活用する。また、特定健 […]

健康保険加入者の37%が肥満 脂質・血圧・肝機能など複数のリスクを保有 健康保険組合連合会

肥満があると「保健指導判定値以上」が9割以上  健康保険組合連合会(健保連)は、一定規模以上の社員を有する企業の会社員(被保険者)や、その家族(被扶養者)約3,000万人が加入している組織。データヘルスに積極的に取り組ん […]

「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く

「介護離職」が1年間に9万9,000人  総務省の2017年の「就業構造基本調査」で、家族の介護や看護のために仕事を辞める「介護離職」が1年間に9万9,000人に上ることが分かった。過去1年間の離職者に占める割合は1.8 […]

50歳代の6割が歯や口の中が「健康ではない」と回答 歯科医師会調査

歯科健診 4人に3人が「もっと早くいけばよかった」と後悔  日本歯科医師会は、全国の10~70歳代の男女を対象にした「歯科医療に関する一般生活者意識調査」の結果を発表した。調査期間は2018年4月20~21日、有効回答は […]

06

産保PC 2018年度 第1回「保健指導」 参加者募集中!【9/11開催】※定員に達したため、応募を締め切りました

テーマ 保健指導 目的 若手保健師が産業保健師としての視点を身につけ、日々の業務に生かすことができるよう機会提供をおこなう 目標 ①産業保健師としての視点を持つことができる ②産業保健師の視点を現場での活動に取り入れるこ […]