過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も

 過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について、労災請求件数や、「業務上疾病」と認定して労災保険給付を決定した件数などをまとめたもの。平成14年から年に1回、 […]

高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表

日本のCKD患者数は1,330万人  日本腎臓学会(理事長:柏原直樹・川崎医科大学腎臓・高血圧内科学教授)は、6月に開催された第61回日本腎臓学会で、5年ぶりの改訂となる「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018 […]

厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始

 「健康寿命をのばそう!アワード」の<母子保健分野>は、「健やか親子21(第2次)」がスタートしたことに伴い、2012年度から実施されてきた「生活習慣病予防分野」と「介護予防・高齢者生活支援分野」に加えて2015年度に創 […]

多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書

 国は2016年度から2020年度までの5年間を対象に、「第3次食育推進基本計画」を実施。基本的な方針として、 (1)若い世代を中心とした食育の推進 (2)多様な暮らしに対応した食育の推進 (3)健康寿命の延伸につながる […]

「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功

「ベジファースト」の効果? 野菜の摂取量が増加  東京都足立区が糖尿病対策に力を入れている。区民の健康寿命は、男性 77.5歳、女性 82.3歳で、都平均より約2歳短い(2015年調査)。その一因となっているのは、偏った […]

日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD

腎臓病に総力を挙げて取り組む  日本腎臓学会は、NPO法人日本腎臓病協会(JKA)を設立した。7月16日に東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂で、設立記念式典を開催する。腎臓病は糖尿病、脳卒中、心臓病、認知機能障害などと関係 […]

乳がん患者の不安や恐怖を緩和 乳がんサバイバーを支援するアプリを開発

乳がんの不安や恐怖「再発したらどうしよう」  乳がんは30歳代から増加しはじめ、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎える。乳がんと分かったとき、誰もが大きなショックを受ける。乳房や命を失うかもしれないということ、家族 […]

「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響

 「超加工食品」の食べ過ぎが、メタボや肥満の増加に拍車をかけている可能性がある。「超加工食品」を多く食べている人は、がんリスクが高いという調査結果も発表された。 超加工食品の多くは栄養バランスが悪い  「超加工食品」(U […]

「もーりーのどっちが低糖質!?クイズ」を公開 糖とカロリーのお役立ちTips

 「もーりーのどっちが低糖質!?クイズ」は、Newの森(WEBサイトへ ▶)に住む、おいしいものに目がない森の妖精「もーりー」が、普段よく目にするメニューの糖質量の目安をクイズ形式で紹介する新コンテンツ。2つ […]

女性に多い「下肢静脈瘤」のリスク 認知度が低く受診放置が多い

「下肢静脈瘤」が自然に治ることはない  「下肢静脈瘤」は、足の静脈にある弁の機能が何らかの原因で低下し、血液が逆流し、うっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)する病気だ。次第に進行し、足の表面に血管が浮き出て蛇行する […]