大人のがん教育への活用も。がん医療の現状とサバイバーの今をていねいに描くドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」を鑑賞して

 2月2日、以前当サイトで情報掲載をしたドキュメンタリー映画、「がんになる前に知っておくこと」が封切られた。
 医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行うライターの瀬田尚子氏の、同映画鑑賞後の感想を紹介する。

『がんになる前に知っておくこと』公式サイト

15人の医療従事者・経験者と対話するドキュメンタリー

 2月2日の東京・新宿のK’s cinemaを皮切りに全国ロードショーが始まったドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」。乳がん検診で腫瘤が発見され、結果的には良性であった若手女優の鳴神綾香さんが、もっと「がん」について知りたいと思い、がん治療に携わる医療従事者やがん経験者など15名のもとへ話を聞きに行く。

 対話の相手として登場するのは、外科医、腫瘍内科医、放射線治療医、緩和ケア医など、がん看護専門看護師といった様々な職種の医療従事者たち。

 漠然と「がんになったら終わり」というイメージを抱いていた鳴神さんに対し、がんについての正しい情報はどこで得られるのか、という話から始まり、がんにはどのような治療があるのか、体や心の痛みはどう対処したらいいのか、困った時はどこでサポートしてもらえるのかを、医療に詳しくない人でも理解できるよう、わかりやすく説明している。

ナビゲーターである女優・鳴神綾香さんと話す「マギーズ東京」センター長の秋山正子さん

 また作中には3人のがん経験者が登場する。

 どの人も若くして罹患し、不安を抱きながらも自分の道を見つけて、活動をしているその姿から、多くの人が抱きがちな「がん=死」というイメージとは異なり、「がんと共存する力強さ」を感じられた。

がん経験者のひとりとして登場する、NPO法人「がんノート」代表理事の岸田徹さん

根拠のない恐れや無関心は、知ることで解消される/

 冒頭で、鳴神さんががんについて知りたいと思って、書店やインターネットで情報を探そうとするが、なかなか情報が見つけられないというシーンがある。

 現状はまさにこの通りで、日本人の2人に1人ががんになるという時代にもかかわらず、がんについて正しい情報を得る機会がとても少ない。多くの人がむやみに恐れを抱き、ますます知ることから遠ざかってしまっている。

 現在、小中学生に向けて「がん教育」が始められているが、子ども以上に大人のがん教育が求められているのでは、という意見も少なくない。

 他人事としてとらえて関心を持たずにいたため、診断を受けてから大きく慌ててしまい、自分に適した治療や療養生活を選択できないという例は多い。

 がん検診受診率の低さにも、がんに対する知識の無さが大きく影響している。近年ニーズが高まっている「がん治療と就労の両立」にも、経営側はもちろん、労働者側のがんに対する正しい理解が欠かせない。

 この映画を見ることで、がんについての基本的な知識とともに「今やがんは共存できる病気であり、もしがんになったとしても、いろいろな支えがある」と知ることができる。大人のためのがん教育に、この映画が活用できるのではないだろうか。

ドキュメンタリー映画『がんになる前に知っておくこと』
2019年2月2日(土)より、東京・新宿K’s cinemaほか全国順次公開
公式サイト

公式SNSアカウント
Facebook
Twitter

※2/2(土)〜 初日舞台挨拶、出演者によるトークイベントあり (東京・新宿K’s cinemaにて、各日10時の回上映後、20分程度を予定)
舞台挨拶等イベント詳細

■文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。