がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査

 がん患者の遺族の医療・介護サービス全般に対する満足度は高い一方で、がん患者の3割が、死亡前1ヵ月間を痛みがある状態で過ごしていて、3割が気持ちのつらさを抱えていたことが、国立がん研究センターの調査で明らかになった。全国的な遺族調査の実施は日本ではじめて。

日本ではじめての全国的な遺族調査

 国立がん研究センターは、厚生労働省の委託事業として、全国のがん患者の遺族を対象に、患者が亡くなる前に利用した医療や療養生活の実態について予備調査を行い、その結果をまとめた。

 がん患者の人生の最終段階における苦痛や療養状況に関する全国的な遺族調査は、今回の予備調査が日本ではじめてものになる。

 調査は、2018年2~3月に、がん、心疾患、脳血管疾患、肺炎、腎不全で死亡した患者遺族4,812人を対象に郵送によるアンケートで実施。有効回答は2,295人(48%)で、うちがん患者の遺族は1,630人だった。対象者は、2016年の人口動態調査の死亡票を使用し、死亡場所と死因から無作為に抽出した。

医療に対する満足度は高い


 がん患者の人生の最終段階において、「亡くなった場所で受けた医療に全般的に満足している」「必要な介護保険を十分にうけることができた」と感じる遺族の割合が全般的に高く、医療・介護サービス全般に対する満足度は高いことが示された。

 「医療者は苦痛症状に速やかに対応していた」という設問に、約84%が「そう思う」と回答。「そう思わない」は10%にとどまった。「死亡場所の医療に対する全般的な満足度」では、76%が「やや満足」「非常に満足」だった。

患者は3割が痛みやつらさを抱える

 一方、死亡前1ヵ月間を、痛みがある状態で過ごしていた患者は3割程度、気持ちのつらさを抱えている患者は3割程度おり、多くの患者が体の苦痛や気持ちのつらさを抱えていることが示された。

 亡くなる前1ヵ月間の患者の療養生活の質について、疾患別の「痛みが少なく過ごせた」割合は52%、「身体の苦痛が少なく過ごせた」割合は50%。また、「穏やかな気持ちで過ごせた」割合は58%だった。

 人生の最終段階にあるがん患者のうち3~4割程度が、痛みを含めた身体の苦痛や気持ちのつらさを抱えており、治療や緩和ケアの対策が必要であることが示された。

家族の負担も大きい 介護保険を「利用できず」も

 さらに、「介護について全般的に負担感が大きかった」割合が4割、患者の死亡後に抑うつなどの高い精神的な負担を抱えるものの割合が2割弱と、家族の介護負担やその後の精神的な負担が高いことも示された。

 介護について、患者遺族の約42%が「負担が大きかった」と回答。患者の死後、うつ症状に悩まされる遺族は約17%と、一般人口の有症率(3~10%)と比べ高かった。

 在宅訪問診療や介護保険サービスの利用について、「在宅訪問診療を利用して必要な支援を十分に受けることができた」割合は87%、死亡前6ヵ月間に「必要な介護保険を十分に受けることができた」割合は87%であり、在宅訪問診療や介護保険の利用者の満足度は高いことが示された。

 一方で、死亡前6ヵ月間に介護保険を利用したことがない人の利用したことがない理由として、申請したが利用できなかった方が21%おり、介護保険の利用についても検討する必要あることが示唆された。

本格調査も開始 終末期の詳細な状況把握へ

 回答者の86%は「このようなアンケートを行い、医療を改善していくことは良いことだと思う」と回答。

 終末期の患者はアンケートへの回答が困難であり、遺族調査が医療の質の検証に有効とされているが、日本では緩和ケア病棟やホスピスなど一部の対象を除き、遺族調査が実施されていなかった。

 国立がん研究センターでは、2019年に約5万人を対象に本格調査を行い、予備調査と同様の集計に加え、死亡場所や都道府県別の集計も予定している。

 同センターは「終末期の患者や家族が医師や医療従事者に話しかけやすい環境づくりが必要。今後はがんと他疾病との比較や、地域ごとの人生の最終段階の医療について明らかにしていきたい」としている。

患者さんが亡くなる前に利用した医療や療養生活に関する実態調査(国立がん研究センター)
「患者が受けた医療に関する遺族の方々への調査」平成29年度予備調査結果報告書(国立がん研究センター)