受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻

 受動喫煙によって大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤)による死亡リスクが上昇することが、筑波大学の研究グループによって世界ではじめて明らかにされた。

受動喫煙により大動脈疾患の死亡リスクが上昇

 受動喫煙は、肺がんや心筋梗塞、脳卒中などのリスク因子となる。また、喫煙は大動脈疾患の主要なリスク因子となることから、受動喫煙においてもその関連が疑われている。しかし、受動喫煙に関する研究は少なく、大動脈疾患との関連ついては明らかにされていなかった。

 「JACC研究」は、文部科学省の科学研究費の助成を受けて、1988年に開始された大規模地域コホート研究。全国45地区の住民を対象に質問紙によって生活習慣を把握し、その後の追跡を行っている。

 筑波大学医学医療系の研究グループは、JACC研究で受動喫煙の程度を質問紙によって調査し、計4万8,677人の参加者を平均16年間にわたって追跡した。その結果、受動喫煙の程度が低い群と比較した、受動喫煙の程度が高い群の大動脈疾患死亡の多変量調整ハザード比(95%信頼区間)は2.35(1.09-5.09)、すなわち大動脈疾患により2.35倍死亡しやすいことが判明した。

 受動喫煙の程度が高い群は、受動喫煙が家庭内でほぼ毎日2時間以上、または家庭外でほぼ毎日の人が含まれている。なお、継続的に喫煙している人の大動脈疾患死亡リスクは4.09倍だった。

家庭外での受動喫煙の影響は強い

 また、受動喫煙の程度を家庭外と家庭内に分けて分析すると、家庭内での受動喫煙の影響よりも、家庭外での受動喫煙の影響が強い結果だった。家庭外での受動喫煙とは、主に職場や飲食店での受動喫煙であることから、家庭内よりも多くの喫煙者の煙にさらされると考えられ、今回の結果の違いにつながった可能性が示唆されるという。

 今回の研究成果により、受動喫煙が人体へ与える悪影響がまたひとつ明らかになり、受動喫煙対策の重要性がより明確になった。この研究を機に、受動喫煙の有害性についての認識が国民の中で広まることが期待される、と研究グループは述べている。この研究は、筑波大学医学医療系の山岸良匡准教授、磯博康客員教授らの研究グループによるもの。研究成果は、米専門誌「Atherosclerosis」オンライン版に発表された。

受動喫煙により大動脈疾患死亡が約 2 倍に増加(筑波大学プレスリリース 2017年7月31日)
筑波大学医学医療系